えがおファームの体験農業

えがおファーム近くにある無洗米工場の見学会に参加しました

2019年10月21日| テーマ:日々の徒然,社会見学,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

JAの正会員ということもあり、本年度は地元支店の役員を拝命しています。

支店の管轄内にある東洋ライス・サイタマ工場

(えがおファームから歩いて2分)

支店の役員研修会ということで、工場見学会が開催され参加しました。

 

知らないことをたくさん知れた工場見学会

電車とバスを使ってえがおファームに来る場合、東洋ライス・サイタマ工場の前を通ってきてもらいます。

そのくらい身近な場所にある工場なのです。

今日は知らなかったことをたくさん知れた工場見学会でした。

 

東洋ライスは業務用精米機の製造メーカーさん

私、東洋ライスはお米問屋さんと思ってました。

業務用精米機を作るメーカーさんなんですよね!

知りませんでした・・・

だから、機械のいたるところに「TOYO」と銘板があったんですね!

 

水を使わずにBG無洗米ができてました

ここで作るられるBG無洗米。

ぬかの性質、研ぐ工程を上手く使って、水を使わずに無洗米を作ってました。

毎日大量の水を使って精米しているものと思ってました!

 

尚、BG無洗米を作るところは撮影NGです。

(実際には機械の外側しかみれないから、実態は見れないんですが・・・)

 

BGの略は以下の通りです。

ブラン(Bran)=ヌカ

グラインド(Grind)=削る

 

たくさんの装置に興奮してしまいました

食味を検査する装置や、袋詰めされたものを自動でパレットに乗せる機械など、エンジニアの端くれだったものとしては興奮してしまうものばかり。

まだまだエンジニア魂が残ってるんだなぁ~と実感しました。

 

BG無洗米は身近に売ってます

以前、丸の内朝大学でお世話になったタニタ食堂さんをはじめ、7&iグループさんなどで扱われています。

スーパーでお米を買わないから、知らないだけなのかな? (;^ω^)

 

ご飯の試食もありました

玄米と白米の2種類を食べ比べ。

普段は一分付きのお米を食べているので、この中間を食べてる感じですね。

玄米は、独特の風味がありました。

 

今回は役得な工場見学会でした。

役員もやっておくものですね・・・