えがおファームの体験農業

えがおファームのじゃがいも、予約販売をはじめました

2019年05月15日| テーマ:お野菜の販売,お野菜栽培日記,日々の徒然,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

えがおファームでは、じゃがいもを栽培しています。

収穫まであと1ヶ月を切りました。

 

じゃがいもの事前予約をはじめました

 

3月に植えたじゃがいも。

遅霜にもめげずに育っていて、6月に入ると収穫を開始します。

収穫前に事前予約を開始しました。

 

えがおファームのじゃがいも、品種は何ですか?

デジマという品種、1種類です。

このじゃがいもは、ホクホク系なのに煮崩れしにくいです。

おススメ料理はポテトサラダですが、煮ても揚げても美味しく食べられます。

 

 

種どりを続けています

えがおファームでは、じゃがいもを全て販売せずに種としてとっておきます。

次のシーズンに取っておいたじゃがいもを植えています。

えがおファームをはじめてから7年間、種を紡いだものになります。

 

どこから申し込めばよいですか?

えがおファームのホームページにお野菜の販売紹介があります。

写真は宅配セットの内容ですが、気にせずに下部にあるリンクをクリックしてくださいね。

 

 

えがおファームからお知らせ

 

えがおファームの出張家庭菜園教室

家庭菜園の家庭教師をはじめました。

家庭菜園は思ってるより簡単にできるんですよ!

そのことを皆さまの元にお伺いしてレクチャーします。

詳細はこちらから・・・

 

日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学

令和がはじまるこの時期だからこそ・・・

日本の文化芸能を楽しく学ぶ機会を作りました。

初回は5月28日火曜日です。

詳細はこちらから・・・

 

 

2019年6月2日、武蔵小杉で開催される「小杉よっといでマルシェ」に出展します

2019年05月14日| テーマ:お野菜の販売,イベント,日々の徒然,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

えがおファームができた直後くらいからお世話になっているワクワクワークさん。

武蔵小杉周辺でオーガニック料理教室を主催されています。

そんなワクワクワークさんから楽しいことのお誘いがあり、巻き込まれることにしました。(笑)

 

小杉よっといでマルシェを6月2日に開催します

武蔵小杉でコスタリカ産の珈琲を自家焙煎している 豆こねくとさんとワクワクワークさんが主催する「小杉よっといでマルシェ」。

今回が初めての開催になります。

このマルシェに出展することとなり、えがおファームのお野菜を販売します。

 

小杉よっといでマルシェって何?

コンセプトは、「0才から100才まで地域から全員参加型のつながるマルシェ」。

「マルシェ」とは、フランス語で「市場」のこと。

人が集まり、商いをする賑わいの場、来てくれる人にとって楽しめる空間。

小杉よっといでマルシェもそんな空間を目指して、0才から100才の方に楽しんでいただき、地域の繋がり、色々な繋がりが生まれる場、みんなで参加し、温め、来てよかったまた来たいなと心温まるものを目指して場を作ります。

オーガニック農家さんから地域の人気店、ガツっとこだわりの詰まったお店まで、まるっとつながり、ごみ問題や食品ロスにも取り組みながらみんなで作っていくマルシェです。

 

えがおファームは何を出店するの?

えがおファームはお野菜を販売します。

今年は例年以上に春の生育がゆっくりなので、出品できるのがじゃがいもとエシャロットのみになる予定です。

 

小杉よっといでマルシェ、他にはどんなことがあるの?

お野菜はえがおファーム以外に固定種で栽培されたお野菜や有機野菜。

他にはハンドメイド品などの販売もあります。

詳細はホームページFacebookイベントページをご覧ください。

 

出展者だけではなく、運営スタッフに巻き込まれました

出展者だけの予定だったのですが、いつの間にか当日の準備を行う運営スタッフになりました。

出展者なのですが、他の出展者さんの取りまとめとえがおファーム以外の農家さんを繋げる役目をしています。

写真は主催者とランチミーティングで食べたオーガニックな丼。

ここのお店、穴場としてよく利用しています。

 

小杉よっといでマルシェの詳細

開催日時:2019年6月2日 10時から16時まで

開催場所:神奈川県川崎市中原区小杉町2丁目294−6  南部メゾン102(武蔵小杉より徒歩5分)

カフェ豆こねくと

 

えがおファームからお知らせ

 

えがおファームの出張家庭菜園教室

家庭菜園の家庭教師をはじめました。

家庭菜園は思ってるより簡単にできるんですよ!

そのことを皆さまの元にお伺いしてレクチャーします。

詳細はこちらから・・・

 

日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学

令和がはじまるこの時期だからこそ・・・

日本の文化芸能を楽しく学ぶ機会を作りました。

初回は5月28日火曜日です。

詳細はこちらから・・・

 

 

農ある暮らしの後押し&応援をしています

2019年05月13日| テーマ:イベント,日々の徒然,農ある暮らし,農のあれこれ

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

私は、モバイルエンジニアから畑違いの畑仕事へキャリアチェンジをしました。

そんな私だからできることもあると思っています。  

 

農を暮らしに取り入れたい人を後押し&応援します

農業をやりたいと漠然と考えている人、農業をはじめたい人向けに、私が体験・経験したことをお伝えするコンサルをしています。

お話する時に使う資料から

 

農ある暮らしを取り入れようと考えている方がご来縁

先日、私と同年代の男性がご来縁。

キャリアチェンジを漠然と考えていて、候補に農業があるとのことなので、 私のキャリアチェンジした理由などを元に経緯を説明しました。

その中で疑問点もあったので、ひとつひとつ丁寧にお答えしました。  

 

実際に農家体験もしていただきました

お話だけではなく実際の作業も行ってもらいました。

私と一緒に畑仕事。

畑仕事をやりながら質問もわいてくるので、作業をしながらお答えしました。  

 

えがおファームでサービス提供しています

農ある暮らしを取り入れい人向けのご相談をサービスとして提供しています。

題して・・・【農業はじめの一歩コンサルティング】

詳細はこちらのページをご覧ください。  

こちらからお問い合わせができます。

※お名前とメールアドレスを入力するフォームが開きます

 

えがおファームからお知らせ

 

えがおファームの出張家庭菜園教室

家庭菜園の家庭教師をはじめました。

家庭菜園は思ってるより簡単にできるんですよ!

そのことを皆さまの元にお伺いしてレクチャーします。

詳細はこちらから・・・  

 

日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学

令和が始まったこの時期だからこそ・・・

日本の文化芸能を楽しく学ぶ機会を作りました。

初回は5月28日火曜日です。

詳細はこちらから・・・

 

 

畑仕事中でも、目線を変えると癒されます

2019年05月06日| テーマ:お野菜栽培日記,日々の徒然,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

どのお仕事もそうですが、根を詰めてやると疲れますよね?

畑仕事の場合は、実際にカラダ(肉体)が疲れます。

畑仕事をしながらも疲れにくくするために、リラックスタイムをどうやって作るかというと・・・

 

目線を変えるだけで癒されます

畑仕事は外での作業。

ツチやお野菜と向き合うと目線が常に下を向きます。

・・・なので、目線を少し変えるだけで、癒されます。

 

目線を正面に向けると・・・

雉(キジ)さんと目が合います。(笑)

雉だけでなく、ムクドリなど色々な鳥を見ることができます。

 

目線を上に向けると・・・

綺麗な青空と不規則な雲を見ることができます。

写真は無数にある飛行機雲。

これを見るだけでも、「飛行機がどこに行ったんだろう?」など、思考を変えてリフレッシュできます。

 

ちょっとだけ移動すると・・・

 

えがおファームにはシンボリックな榎があります。

この樹の下から見上げると、緑と青空と太陽の光が・・・

もう少しすると葉が青々と茂るので、光が入りにくくなりますが、癒しにはなります。

 

こうやって癒されながら、畑仕事をしています。(^-^;

 

えがおファームからお知らせ

 

えがおファームの出張家庭菜園教室

家庭菜園の家庭教師をはじめました。

家庭菜園は思ってるより簡単にできるんですよ!

そのことを皆さまの元にお伺いしてレクチャーします。

詳細はこちらから・・・

 

日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学

令和が始まったこの時期だからこそ・・・

日本の文化芸能を楽しく学ぶ機会を作りました。

初回は5月28日火曜日です。

詳細はこちらから・・・

 

 

畑仕事体験用さつまいもの畝づくり

2019年05月04日| テーマ:イベント,日々の徒然,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

今日は夕方にざっとひと雨、降りました。

東京では雹(ひょう)が降ったところもあったようですね。

雹が原因で、東京競馬場は途中で中止になったとか・・・

 

畑仕事体験用さつまいもを植える畝(うね)づくり

Before

After

先日、トラクターで耕したところに畑仕事体験で一番人気のさつまいも収穫体験

このさつまいもを植える為の畝づくりをしました。

 

ひとりで手作業なんて無理! こんな機械で畝づくりをしています

ひとり、手作業で畝を作るには限界があります。

こういう時は文明の利器に頼ります。 (^-^;

土の上に引くビニール(マルチ)を張る機械はえがおファームにとって必需品。

この機械のおかげで作業は何十倍もはかどります。

 

作業中に乱入者現る(笑)

畝づくりをしていると、畑に乱入者がきました。

はい、雉(キジ)さんです。(笑)

そそくさと退出されました。

こういう風景を見ながらの作業は、ほっこりします。

 

休憩はこもれびの下で・・・

ずーっと畑仕事をやっていると疲れます。(笑)

・・・なので、適時休憩をはさみながらの畑仕事。

休憩はこんなこもれびの下でお茶を飲んだり、ゴザを引いて寝転んだりしています。

 

【特典付き】さつまいもの苗植え体験を6月1日と6月8日に行います

6月1日(土)と6月8日(土)の畑仕事体験は、さつまいもの苗植え体験を行います。

この体験は処々特典をつけて行います。

詳細は後日発表!

こうご期待!!

 

えがおファームからお知らせ

 

えがおファームの出張家庭菜園教室

家庭菜園の家庭教師をはじめました。

家庭菜園は思ってるより簡単にできるんですよ!

そのことを皆さまの元にお伺いしてレクチャーします。

概略はこちらから・・・

 

日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学

令和が始まったこの時期だからこそ・・・

日本の文化芸能を楽しく学ぶ機会を作りました。

初回は5月28日火曜日です。

概略はこちらから・・・

 

 

GWもマイペースで畑仕事をやってます

2019年05月03日| テーマ:お野菜栽培日記,日々の徒然,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

元号が「平成」から「令和」に変わりましたね。

「令和」になって初のブログになります。

 

GWもマイペースに畑仕事をやってます

今年のGWは10連休。

私のFacebookやインスタグラムには、旅行先の楽しい写真や自然いっぱいの風景がアップされます。

世間はお休みムードですが、えがおファームはマイペースに畑仕事をやってます。

これから収穫するお野菜の為に、少しずつ前に進めています。

 

じゃがいもは土寄せをしました

3月に植えたじゃがいもですが、芽が出そろってきました。

このタイミングで土寄せをして、大きなじゃがいもができるスペースを確保。

6月の収穫までじゃがいもがたくさんできるように見守りたいと思います。

 

えがおファームでは芽かきはしません。

理由は芽が2つくらいしかでないので、芽かきが不要なのです。

 

じゃがいもの種を植える時に深く植えていることもあるので、土寄せは今回のみ。

6月までは、特別なことがない限り見守るのがえがおファーム流です。

 

夏野菜を植えるスペースの準備をはじめました

Before

After

夏野菜を植えるスペースにトラクターを入れて整地しました。

写真のところで約1000㎡(1反)。

トラクターだと1時間ちょっとで整地できます。

人だと何人日かかるでしょうか? (汗)

 

トラクターで土を起こすとカエルさんを起こしてしまいました。

ゴメンナサイね。

 

雉(キジ)さんを近くで撮影するコツは、○○○を消すこと!(笑)

畑仕事をやっていると「ケーン」と甲高い声がときどき響きます。

雉は警戒心が強いのであまり近づくことはできないですが・・・

今日は数メートルまで近づいてくれました。

この時にやったのが・・・「気配を消すこと!」

これだけで勝手に近づいてくれます。

雉さんに出会ったら、やってみてくださいね。(笑)

 

えがおファームからお知らせ

 

えがおファームの出張家庭菜園教室

家庭菜園の家庭教師をはじめました。

家庭菜園は思ってるより簡単にできるんですよ!

そのことを皆さまの元にお伺いしてレクチャーします。

概略はこちらから・・・

 

日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学

令和が始まったこの時期だからこそ・・・

日本の文化芸能を楽しく学ぶ機会を作りました。

初回は5月28日火曜日です。

概略はこちらから・・・

 

 

晴れときどき雉(きじ)

2019年04月28日| テーマ:お野菜栽培日記,日々の徒然,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

今年のGWは10連休。

皆さまは、ご自宅でまったりでしょうか?

それとも、お出かけの毎日でしょうか??

 

GWでも畑仕事は現在進行形で続きます

えがおファームは、夏や秋に収穫するお野菜を植える準備もあり、GWも関係なく畑仕事です。

植えたものは、順調に育っているか?と様子を伺いながら・・・

これから植えるものは、植える場所を整えていきます。

 

じゃがいもはすくすくと育っています

3月に植えたじゃがいもです。

10日ほど前に芽が出そろい、順調に育っています。

GW中に土寄せをして、6月の収穫に備えます。

(GW期間中は雨模様だから、土寄せはGW明けかも・・・)

 

こんなところでひと休み、ひとやすみ(一休さん風)

えがおファームには畑のほぼ中央にシンボリックな榎が1本。

この木の下でゆっくりするのが、至福のひと時なのです。

ゴザを引いて、寝転ぶと気持ちいいですよー!

 

雉(きじ)さんとはこの距離より近づくことはできない。 ><

 

えがおファームでは鳥の鳴き声が聞こえます。

その中でも特徴的なのは「ケーン!」となく雉(きじ)さんです。

雉は一定の距離以上近づくと、逃げちゃいます。

なので、あまり近づくことができません。

 

スマートフォンの6倍ズームの限界。

綺麗な写真でなくてごめんなさい。

 

えがおファームからお知らせ

 

えがおファームの出張家庭菜園教室

家庭菜園の家庭教師をはじめました。

家庭菜園は思ってるより簡単にできるんですよ!

そのことを皆さまの元にお伺いしてレクチャーします。

概略はこちらから・・・

 

日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学

令和がはじまるこの時期だからこそ・・・

日本の文化芸能を楽しく学ぶ機会を作りました。

初回は5月28日火曜日です。

概略はこちらから・・・

 

 

「食めぐ」さんとごにょごにょした先に待っているもの

2019年04月26日| テーマ:日々の徒然,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

先日、えがおファームに「食めぐ」編集部の方がご来縁されました。

 

ごにょごにょした先に待っているもの

ご来縁の理由は「食めぐ」編集部さんと悪巧み(笑)をごにょごにょすること。

悪巧み(笑)に向けた事前視察も兼ねてました。

えがおファームのできること、やってきたことをお伝えして、悪巧み(笑)をこれからやっていこうというお話になりました。

 

「食めぐ」さんって何?

自分の感じる”美味しさプラス”の”こだわり”を投稿・共有する「食」コミュニケーションサイト

レシピコンテスト・新製品モニター、コラボ企画なども積極的に行っています。

個人的に最大の特徴と思っているのが、編集部の皆さまが管理栄養士・栄養士ということ。

食について知見を持っている方とお話するので、気兼ねなくツッコんだお話ができます。

サイト自体は無料で利用できます。

 

「悪巧み(笑)」の中身とは・・・

案は出ましたが、詳細はまだ決まっていません。(笑)

これから詰めていきます。

告知できる状態になれば、お知らせしますね。

 

2ショットは緊張します(笑)

編集部の方と記念撮影。

可愛い方との2ショットは緊張します。

自分で言うのもなんですが・・・うぶですな!!(笑)

 

えがおファームからお知らせ

 

えがおファームの出張家庭菜園教室

家庭菜園の家庭教師をはじめました。

家庭菜園は思ってるより簡単にできるんですよ!

そのことを皆さまの元にお伺いしてレクチャーします。

概略はこちらから・・・

 

日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学

令和がはじまるこの時期だからこそ・・・

日本の文化芸能を楽しく学ぶ機会を作りました。

初回は5月28日火曜日です。

概略はこちらから・・・

 

 

半日で関門海峡を3往復したら、現地の人に喜ばれた

2019年04月24日| テーマ:日々の徒然,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

 

先週末に行った九州の旅。

今回の旅で達成したいことは、3つありました。

  • 熊本でお世話になった方が主催するイベントに参加して、復興を後押しする
  • 北九州で珈琲屋さんを開店した友人に会う
  • 関門海峡を攻める

 

ひとつ目とふたつ目は、それぞれブログに書きましたので、今日は3つ目のお話です。

 

現地の人も認めた!旅の楽しみ方

旅の目的のひとつであった「関門海峡を攻める」。

本州の最西端・山口県下関市と対岸の福岡県北九州市の間にある海峡。

巌流島があるところでもあります。

この間を行き来したことがなかったので、ここを行き来するのがテーマでした。

 

やりたいことだけ決める

やりたいことは「関門海峡を攻める」。

クルマ、鉄道、徒歩の手段は知っていたので、上手く組み合わせて且つ半日で行けないかな?

・・・というのだけで、いざ当日を迎えました。

 

関門海峡をいろいろな方法で横断する

 

【九州=>本州①】

関門橋(高速道路)を九州側から攻めます。

【本州=>九州①】

鉄道で本州から九州に戻ります。

【九州=>本州②】

現地に行って、渡船があることがわかり、渡船で関門海峡を本州へ渡りました。

海から関門橋を撮影

凪っていたのに、潮流が早いから波立ちます

【本州=>九州②】【九州=>本州③】

今度は人道トンネル(徒歩と自転車のみ可)で本州と九州を往復。

人道トンネルで地下50メートル近くまで潜ります。 都営大江戸線六本木駅と同じくらいの深さですね。

福岡県側から県境を撮影

山口県側から県境を撮影

【本州=>九州③】

本州側から国道トンネルを。

これで都合3往復したことになります。

 

九州側の玄関口・門司を散策していたら、鉄ちゃんは興奮してしまうものも見つけました。

これも偶然です。

国鉄時代の特急のヘッドマーク

九州で使われていた行先表示板(サボ)がズラッと

 

楽しんだ結果、現地の人に褒められた

下関や北九州にゆかりがある方にお話をすると・・・

「スゴい満喫の仕方ですね!」、「このアクティブ感がたまらない!!」、「地元の人だとこんなこをしないよ」

・・・と、褒め言葉をいただきました。

 

カツカツな予定を組まないで行くと、ひょんな発見や出会いがあるので楽しいです。

その楽しさを現地の方も新たな発見として認めてくれる

最近はこんな旅をしています。

 

えがおファームからお知らせ

 

えがおファームの出張家庭菜園教室

家庭菜園の家庭教師をはじめました。

家庭菜園は思ってるより簡単にできるんですよ!

そのことを皆さまの元にお伺いしてレクチャーします。

概略はこちらから・・・

えがおファームの出張家庭菜園教室、はじめます

 

日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学

令和がはじまるこの時期だからこそ・・・

日本の文化芸能を楽しく学ぶ機会を作りました。

初回は5月28日火曜日です。

概略はこちらから・・・

https://www.facebook.com/events/282415962704151/283235259288888/

 

 

九州の旅で思った『ご縁は紡がれる』ことの重要性

2019年04月22日| テーマ:日々の徒然,農ある暮らし

こんにちは。

畑と食から笑顔をお届けする百姓、えがおファーム「きよ」です。

2泊3日の九州(熊本&福岡)の旅。

プライベートとお仕事を織り交ぜた旅でしたが、その中で思ったこと。

ご縁は紡がれる

一昨日にお伺いした、熊本市内で農薬を使わずにイチゴなどを栽培されている「農薬ゼロのひかり農園」さんと「農薬ゼロのだいしん農園」さん も、

昨日にお伺いした、熊本県内の日本酒を製造する酒蔵(9蔵)が集まったイベント も、

本日お伺いした、北九州で自家焙煎のコーヒーを提供しているマルハチ珈琲焙煎舎さんも。

マルハチ珈琲焙煎舎店主・八児美也子さんとえがおファーム農縁長・きよ

 

ご縁を大切に紡いだ結果、今があります。

 

ご縁ある人の紹介で次の展開があった「農薬ゼロのひかり農園」さんと「マルハチ珈琲焙煎」さん。

私はとても羨ましいだけでなく、これが引き寄せの法則が実際に起きたんだな!と思いました。

 

私もいろいろなご縁を大切に、紡いでいこうと決心しながら・・・羽田への機上でこのブログを書いています。 (^-^;

年に数回は旅に出て、いろいろな出会いのきっかけづくりは必要ですね!!


☆★☆★

えがおファーム産むらさき芋を使った芋焼酎を作るクラウドファンディングを実施中です。

焼酎好き、お酒好きの方は要チェック!!

クラウドファンディングのプロジェクトページはこちらからどうぞ!→[無農薬・無肥料]オーガニック芋焼酎を沢山の人に飲んでもらいたい![埼玉・坂戸] – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)


★☆★☆
日本人が知らない「日本を知る」 丸の内夜更けの大学。
日本の文化芸能を楽しく学べる機会です。
詳細はこちらからどうぞ